オートパーラー上尾

オートパーラー上尾に行ってきました。
「オートパーラー」というのは、車社会に突入した頃にブームとなったドライバーオアシス的なもの。
自動車を停められる駐車場が用意され、食事ができたりゲームが楽しめたりするレジャースポットです。
昭和後期からめっきりと数が減り、日本全国でもかなり少なくなってきました。

そんなオートパーラーが我らが埼玉県には2つあります。
久喜市にあるオートパーラーまんぷくと、上尾市にあるオートパーラー上尾です。
今日は上尾の方に行ってきました。


オートパーラー上尾は17号沿いにあります。
最寄駅としてはJR高崎線の北上尾駅ですが、せっかくのオートパーラーですし、クルマで行ける方はクルマでぜひ。
駐車場は10台ほど停められます。
黄色い外壁にピンクの屋根、ちょっと色あせつつあるのが味があって良いですね。



店内は薄暗く、ゲームの筐体はほとんど電源が入っていませんでした。
土曜日の昼過ぎですが、客は私を含めて5人ほど。


SEGAのVersus CITY。


THE KING OF FIGHTERS XI 。
稼働開始は2005年10月なので、12年以上前のゲームということになります。
懐かしい…というか、レゲーの域ですよね。
電源が落ちていたのでプレイできず。


なにこの破廉恥なクレーンゲーム。
えっちなのはいけないと思います!


カプセルの中には女性用の下着、いわゆるパンティ。
1プレイ100円なり。
こういうのが普通にあったのが昔のゲーセンなんだよな。今のゲーセンはカオス感が不足していて困る。

そして、今日の主目的であるイートインコーナーへ。


写真に写っていない左側とあわせて机が3つ。
囲むように自動販売機が並んでいます。
 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2018年3月31日

ポケモンGOに新機能「ポケモンリサーチ」が実装されました。



久しぶりに登場の…えーっと…ウィロー博士
博士の調査、研究を手伝うということで、様々なタスクをこなしていくというものです。
タスクはポケストップを回すと開放されるフィールドタスクと、博士からの指示によるスペシャルタスクの2種類。
どちらもお題のような感じで、「ポケモンを5匹捕まえる」「グレートスローを5回する」といった、ポケGOで行える行動にそったものです。

スペシャルタスクの方が難易度が高め。
特にギャラドスに進化、メタモンを1匹ゲット、ゴーストタイプのポケモンを10匹ゲットは難関でした。

2018年4月7日

ついにこのときがやってきました。



すべてのスペシャルタスクをこなし、最後のリワードを受け取る。

登場したのは幻のポケモン、ミュウ!!



博士が作成してくれたアイテムをもってしても、ミュウの姿がしっかりと捉えられません。
しかし、半透明状態ではありますが、居場所がわかるようになっているので、しっかりと狙いを定めてボールを投げます。



そしてゲットしました。
図鑑に登録されます。



CP1280。
強くもなく弱くもないといったところ。
技はハズレ気味な感じかな。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2018年3月25日

3回目の「Pokémon GO コミュニティ・デイ」。
今月は期間中にフシギソウからフシギバナへ進化するとハードプラントを覚えます。
色違いのフシギダネも登場。

恒例の上野公園へ…と思ったのですが、上野駅の改札で既に大混雑。
何とか外に出られたものの、公園内は人がいっぱいでした。
お花見、シャンシャン、そしてポケGO。
スゴいことになっています。



この人だかり。
ポケGOにログインしようにも滅茶苦茶時間がかかるし、タイムアウトは頻発するしで、ほとんどまともにプレイできませんでした。
先月のコミュニティデイもひどかったですが、そんなものの比じゃない。横浜の苦行を思い出します。



でも、桜はキレイでした。

上野公園はダメだということで、御徒町から秋葉原へ移動。
前半の遅れを取り戻すには至りませんでしたが、かなりのフシギダネを捕獲できました。

忘れないうちに個体値MAXのフシギソウを進化。



ハードプラントは2ゲージ技で、威力は100。
天気ブースト時は+20されます。
強力である。


色違いのフシギダネ。
エフェクトがなければ気づかないくらい微妙な違い…。


こちらはノーマルのフシギダネ。
比べてみないとわからん。

12時〜15時までの3時間で、4匹ゲットできました。
あまり強くありませんが、フシギソウ、フシギバナの姿が見たいので進化。


フシギソウ。
花の色が黄色いので、こちらはわかりやすい。


フシギバナ。
時間内に進化したので、こちらもハードプラント持ち。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

ポケモンGO(その32)EXレイド4

気づけば4回目のEXレイド。
比較的駅に近い大きめの公園です。
15分ほど前に到着すると、既に60人近い方が集まっていました。

「それでは色分けをしましょう!」

!?

今までのEXレイドは、ただ入ってバトルするだけだったので、色分けは初体験です。

「赤の方はこっち、青はこっち、黄色はいらっしゃいますか〜?」

はいっ!

成歩堂龍ノ介ばりに背筋を伸ばして挙手。
瞬間、あたりに不穏な空気が流れる。

なんと、黄色チームは私を含めて2人しかいない!

赤と青は余裕で20人を超えているのに…。

「人数少ないですががんばりましょうね」
「もし集まらなかったら、他のチームに混ぜてもらいましょう」

うぅ、気遣いが身にしみる。

その後、なんだかんだで7人ほど集まりました。
どうやらジムを金ズリ防衛してくださったようで、非常にありがたいです。
まぁ、他のチームはそれぞれ40人ほどいたようですが。



リーダーの方がロビーに入った後、教えてもらったコードを入力。
このやり方、初めてだったので本当に大丈夫か不安でしたが、特に苦戦することなく普通に入れました。

バトルは余裕で勝利することができました。
勝利ボーナス、ジムの所属で12球。
いつも極小のボール数でやってきた黄色チームには贅沢すぎる。

そしてゲットチャレンジへ。



CP2206。
ほどほどといった感じです。

迷わず金ズリ、そしてExcellent狙い。



1発ゲットであります。
対ミュウツーは任せろ。

一緒に戦ってくれた仲間たちが「え?もうですか!?」「早いですね」と言ってくれて、少し優越感に浸る。
お褒めの言葉、ありがとうございました。

明日は月一のコミュニティデイ。
ずっと温めていた、個体値MAXのフシギダネを進化させるときがやってきました。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check