清里方面(その3)

前回の続き。

清里といえばココ、清泉寮。


多くの方が訪れており、駐車場はほぼ満車。
ちょっと前まではわりと閑散としていた記憶があったのですが、どうやら間違いだったようです。
ソフトクリームでもと思ったのですが、すごい行列で買うだけで30分待ちとか。


エーックス!!!


目の前は広場になっており、家族連れが楽しんでいました。
そして遠くに富士山が。


時間もほどほどで汗をかいていたので、甲斐大泉温泉パノラマの湯に立ち寄り。
山々が遠くに見える景色が良い露天風呂があり、旅の疲れを癒やしてくれます。
人が多いのでのんびりといった雰囲気ではないのが少し残念。

以上、清里方面編でした。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

※ネタバレあり注意!

2017年4月20日に発売されたニンテンドー3DSソフト「ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王」。
ファミコン用ソフト「ファイアーエムブレム外伝」のリメイク。
オリジナルが1992年発売ですから、実に25年ぶりの大復活となりました。



物語はマルスたちが活躍するアカネイアのお隣、バレンシア大陸で繰り広げられます。
力を是とする兄のドーマと、平和を重んじる妹のミラ。
戦いの果てに二人の神はバレンシアを二つに分け、それぞれの理想を実現しました。
やがて、それぞれリゲル帝国とバレンシア王国が建国され、両神の不可侵条約のもと、人間たちは国を営んでいきます。

しかし、リゲル帝国で凶作が発生します。
備蓄がつきつつあったリゲル帝国は、ソフィアに支援要請をするもこれを拒否。
これに怒ったリゲルが侵攻を開始し、全面戦争に突入。
平和ボケしたソフィアは、あっさりとリゲルの侵攻を許してしまいます。

何とか莫大な賠償金の支払いで戦争を停戦に持ち込むも、王家の人間が次々と暗殺されます。
その張本人は、リゲルとの停戦を主導した宰相のドゼー。
彼に立ち向かうべく、ソフィア解放軍が立ち上がる。

といった感じで物語がスタートします。


外伝ではいなかったオリジナルキャラクターが登場し、物語に彩りを添えます。

「アルムのために敵をいっぱい倒すね!」「私そういうのいらない。アルムと一緒にいたほうが楽しい」「私はアルムの考えに逆らわないよ」「むしろアルムの考えが私の考えだよ」のヤンデレ全開幼馴染のエフィが強烈。
途中、アルムとセリカが喧嘩するイベントがありますが、特に空気を読んで沈黙することもなく、「セリカとは何年も離れてたからアルムの考えが分からなくても仕方ないよ!」と満面の笑みで喜びを隠しません。

あとは、何をやってもうまくいかないベルクト様が大好き。
ストーリー的には報われないことも多かったですが、彼が活躍するサイドストーリーをもうちょっと見たかった。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

清里方面(その1)

今年のゴールデンウィークはたった3日。
来週もお仕事でホビーショーに行けないぜチクショー!!

社会のために身を粉にして働くそんな私ですが、少ない休みを利用して、久しぶりにドライブをしてまいりました。
埼玉からそこそこ近く、ほどほどに遠く、青空が楽しめるところということで、清里に行ってみることに。
いつもの蓼科はちょっと遠いので今回はパス。


ひとっ走りな印象があったのですが、よくよく考えると結構遠いな…。
途中の釈迦堂で休憩を入れましたが、まだまだ距離がある。



中央自動車道の須玉ICでおり、28を北上。
ビューポイントパーキングがあった八ヶ岳高原大橋で写真を撮影しておきました。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check