2枚目のEXレイドパスが届いた。
しかも今回は日曜日開催。平日お仕事の身としては嬉しい!
というか、今後も休日開催にしてくれ。

ジムに到着すると4人ほどしかいない。
開始時間15分前だというのに。清水公園はスゴかったぞ。
…と思っていたら、5分前には40人くらい集まっていた。

今回はわりと心に余裕を持って臨めました。
スクショを撮りつつモタモタとロビーに入ろうとしたら「現在の人数:0人」の文字が。
これはやっちまったか…!?


途方に暮れるよりもダメ元でロビーに。
すぐに他の方々が入ってくれて、最終的には7人になりました。
良かった。

レイドバトルはそこそこ時間がかかりましたが、120秒ほど残して勝利。
ハッサムとバンギ、あとは前回ゲットしたミュウツーががんばってくれました。


リザルトはこんな感じ。
10球あれば余裕でしょう。
人数が少ないと黄色でも貢献度が高くて美味しいですね。
伝説レイドなんて7とか8なんてザラですし。

続いて、ゲットチャレンジ。


CP2223。
まぁまぁといった感じでしょうか。
前回は初対戦で失敗を恐れてGreat狙いでしたが、今回はExcellentで勝負です。


何なく初級Excellentでゲット。
素晴らしい!


バトル中はシャドーボールだった気がしますが、きあいだまでした。
今回はあめ投入は見送ろう。


夕方は上野公園へ。
パンダかわいい。


黒卵が出まくっていたおかげで、レックウザとたくさん戦えました。
そのおかげで、CP2077の高個体値をゲットできました。
ジムに置けないので実戦投入は悩ましいところですが、やはり嬉しいものです。


しかし相変わらず捕獲率は渋い。
Excellentスローでも簡単に出てきます。
カイオーガ君はもっと聞き分けが良い子でしたよ!

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

ポケモンGO(その27)烈空

2018年2月10日

ホウエン地方のポケモンのうち、ひこう、ドラゴンタイプを中心に追加されました。
ボーマンダ、メタグロスなど、前評判が高かったポケモンたちがやってきます。
そして、レイドバトルにはレックウザが出現。
それにあわせて、2月10日〜2月12日の3日間はホウエン地方のポケモンのみが登場する確変期間に。


この三連休は、ポケモンGOでは新宿〜代々木公園と同じくらい行っている東京駅からの日比谷公園〜上野公園へ。
チルットの進化あめ400個に愕然とするも、爆湧き効果で初日のうちに進化できました。



秋葉原での5玉レイドは、もの凄い人だかり…。
カイオーガとレックウザのどちらが登場するか確率は半々という困った方式。
先月のグラードンのときも思いましたが、この並行出現やめて欲しい…。
ちなみに、このときのレイドバトルはカイオーガでした。
出現の瞬間、多くの人が散っていくという。


この三日間、レックウザとは16回バトル。
うち捕まえられたのは6匹。
ディスプレイが大きめの端末だとそもそもレックウザにボールが届かないので、我慢できずに機種変更。
超快適にポケGOがプレイできるようになりました。
そのおかげでExcellentスローを連発できたわけですが、ボールから簡単に出てくる出てくる。
黄色チームなのでボールが少ない中、全球Excellentでも逃げられたときは「何コレ…?」と呟いてしまいました。


6匹のうち一番CPが高いのが2062。
もう少し個体値の高いのをゲットしたい。



図鑑進捗。
未ゲットは以下のポケモン。

・ソーナノ(卵から孵化)
・ジーランス(地域限定?)
・フライゴン(ビブラーバから進化)
・ソルロック(地域限定?)
・イルミーゼ(地域限定?)
・トロピウス(地域限定?)
・ボーマンダ(コモルーから進化)
・メタング(ダンバルから進化)
・メタグロス(メタングから進化)

ナックラー、タツベイ、ダンバルのあめ集めは険しい。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2018年1月20日

初の「Pokémon GO コミュニティ・デイ」が開催されました。
コミュニティ・デイとは、トレーナーたちが新しい出会いがあったり、地域のコミュニティを強く感じられる機会を提供するというイベント。
これだけを聞くとイヤな予感しかしないのですが、結局は特定のポケモンが大量発生、ルアーモジュールの効果延長、XPやほしのすなが多めに獲得できるという催しでした。
パーリーピーポー的な何かだったら勘弁して欲しいと思っていたので良かったです。

今月のコミュニティ・デイは1月20日。
12時〜15時という期間限定だったので、時間ピッタリにスタンバっていると、いきなりピカチュウたちが次々と現れました。
まさにピカチュウ大量発生チュウ。



このイベントでこげピカ2匹目をゲット。
だいすきクラブのメダルも金にしておきたかったのですが、時間切れで惜しくも届かず。

2018年1月22日

関東では大雪で大変でしたが、ポケGOでも雪が降っていました。


雪のトサキント。
特別なポケモンが出ることもなく、いつもの面々でした。

2018年1月27日

1月23日からホウエンの新ポケが23匹追加されました。
第三世代は小出しに行く作戦のようです。
平日ということもあって、初日からあまりポケ活できず。
それでも、出勤、帰宅時に何匹か捕獲できました。


1月27日に戸山公園へGO。


ここはココドラの巣になっており、たくさんのトレーナーさんたちが集まっていました。
ココドラを乱獲し、あめが150個ほど貯まったところで離脱。
ボスゴドラまで進化できました。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

ゼノブレイド2

発売日である2017年12月1日に購入。
ちょっと報告が遅れてしまいましたが、1月20日にクリアしました。



ゼノブレイドシリーズは、Wii版のゼノブレイドをプレイして衝撃を受けたのが始まり。
続編というか派生のゼノブレイドクロスは、ゼノブレイドのクオリティを期待して購入したのですが、肌に合わずに序盤で諦めてしまいました。

そして今作。
ゼノブレイドのナンバリングということで、かなり期待していたわけですが、発売前に出てくる情報が次々と不安をあおります。
子供っぽい主人公、次々と出てくる萌えキャラ、面倒そうなシステム…。
ゼノブレイドの無骨なイメージが理想だったので、これはちょっとヤバいか?と思っていました。
しかし、プレイをしてみると深夜アニメっぽいノリはありますが、十分許容範囲というか個人的にはアリ。
プレイ前は気になっていた主人公であるレックスについても、ストーリーの主軸が少年の成長譚であり、
少年が大人になっていくことを描くうえで、やはりこのデザインがベターなのだと思い直しました。

気になるところが無いわけで無く、UIが全体的に煩雑でメニューによって操作性が違うのが残念でした。
フィールドでは行き先表示。
複数あるとカーソルが重なって見えづらいという、役に立つ機能が逆にストレスを生むという。
あとはレアブレイド関連ですね。
同調がほぼスキップできないし、種類が集まってくると絞られるというのもかなり厳しい。

色々書きましたが、60〜80時間ほどプレイし、後半に行くにつれてシリアス展開かつ王道なストーリー、
そして、敵味方含めて嫌いなキャラが一人もいないというのが良かったです。
それだけに、この魅力的なキャラたちをもっと掘り下げたストーリーが見たかったという贅沢な不安。
前作未プレイでも楽しめますが、プレイした人にはわかるサイドストーリーも良し。

そして、最後に言っておきたいのが音楽。
流れてくる曲がどれもカッコイイ!
Counterattack、Battle Theme各種、Gormott、個人的に好きなのはIncoming!ですね。
サウンドトラックが一般販売されたら絶対に購入します。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check