第58回静岡ホビーショーレポート(その1)〜入場編〜

その1:入場編(会場入りからタミヤブース)
その2:ジャパンカップ2019編(会場と記念アイテム)
その3:マシン編(夏に向けてのニューマシンたち)
その4:グレードアップパーツ編(強化パーツや便利アイテム)
その5:タミヤオープンハウス編(ミラクルバロンサーキット2019や社内の展示、松坂屋静岡店)
その6:販売品編(各会場で販売されたアイテムたち)
番外編:その他(ミニ四駆以外。他メーカーのブースも)


\ようこそ静岡へ!!/


ツインメッセ静岡で開催された第58回静岡ホビーショーへ行ってきました。
静岡ホビーショーは、毎年静岡で行われるホビーの展示イベント。
今年は5月8日に初となる小・中・高校生招待日が行われました。
翌日の5月9日、10日が業者招待日、5月11日、12日が一般公開日といった日程で開催。
私は一般公開日の初日である2019年、いや、令和元年5月11日に参加です。


今年も新幹線で静岡駅へ。
南口から出てから景色の違いに気づいて、急いで北口へ向かうという、いつもの間違いパターンを今年も踏襲するという凡ミス。
少し早めの10時前に会場へ入ろうと思ったのですが、静岡駅からツインメッセ静岡へのシャトルバスはこのように大行列。
この時間帯はこうなるのか…。


JR東海バスの方まで列ができ、ここで折り返し。
とはいえ、バスの本数が多くて手際よくさばいてくれたので、10分くらいでバスに乗ることができました。
バス会社の皆様、ありがとうございます。


ツインメッセ静岡へ到着。
今日はいい天気だ。鳥は歌い、花は咲き誇る。


いつものWelcomeボードがお出迎え。


マルティーニのアヴェンタドールがお出迎え。


自衛隊の皆様、今年もありがとうございます。

この後、スタイリッシュに会場入りしたかったのですが、ここでも長い入場列が。
この暑さでこれは厳しい…とげんなりしましたが、先ほどのバスと同じく、テンポよく進んでくれたおかげで目標の10時前には会場に入ることができました。
スタッフの皆様、いつもありがとうございます。

さっそく、北館の奥にあるタミヤブースへ。


今年は正面の目立つ位置に、新型GRスープラの実車展示が。
ミニ四駆はその奥。タミヤブースの中央です。

ツインスターのロゴとともにこみ上げてくる高揚感。
スタッフの皆様、いつもありがとうございます。


GR スープラ
2019年1月に開催されたデトロイトモーターショーで初披露されました」。
TOYOTA GAZOO Racing が展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルとして世界中の注目を集めているとのこと。
当サイトではモータースポーツジャパン2019のレポートで紹介しましたので、時間がありましたらぜひご覧いただければ。






このスープラを早くも再現したRCが展示されました。
製品化未定、もちろん発売日も未定です。


では、ミニ四駆にいっちゃいましょう!

夏のビッグイベント、ジャパンカップと記念アイテム、あの公式本を紹介します。

その2:ジャパンカップ2019編(会場と記念アイテム)



 


その1:入場編(会場入りからタミヤブース)
その2:ジャパンカップ2019編(会場と記念アイテム)
その3:マシン編(夏に向けてのニューマシンたち)
その4:グレードアップパーツ編(強化パーツや便利アイテム)
その5:タミヤオープンハウス編(ミラクルバロンサーキット2019や社内の展示、松坂屋静岡店)
その6:販売品編(各会場で販売されたアイテムたち)
番外編:その他(ミニ四駆以外。他メーカーのブースも)

このエントリーをはてなブックマークに追加