ミニ四駆歴史年表(2022年)

楽しく簡単に奥深い世界が楽しめるレーシングホビー「ミニ四駆」
その長い歴史は一言では語り尽くせません。
それだけに歴史を知りたいというレーサーは多いと思います。
そんな皆様の参考になれればと思い年表を作成しました。

ミニ四駆ブームの定義

タミヤモデラーズギャラリー2017にて、ミニ四駆ブームが下記の通り定義されました。
1988年〜:第1次ブーム
1994年〜:第2次ブーム
2012年〜:第3次ブーム

当サイトも上記に準拠してブーム期として取扱います。

2022年

出来事
1月 ビギナーズミニ四駆シリーズ初となるピッグレーサー (イエロー/ジルボルフ)が発売。
・アストラルスター タイガーバージョンが限定販売。
・HG 大径ナロー ヘビーアルミホイール(2本)(ミニ四駆ステーション)がミニ四駆ステーションで限定販売。
2月 ・シュピールヴァーレンメッセ2022がドイツのニュルンベルクで開催。スーパーアバンテJr.などが発表。
3月 ・ジャパンカッププレ静岡大会2がタミヤ本社で開催。
ジャドーエースが発売。
エアロサンダーショット 2022 新緑スペシャルがタミヤプラモデルファクトリー新橋店、トレッサ横浜店で限定販売。
・ミニ四駆ドッグ 黒柴スペシャル、DCR-02 (デクロス-02) クリヤーブラックスペシャル、ネオVQS ポリカボディスペシャル (VSシャーシ)、ミニ四駆 キャッチャー (J-CUP2021/ライトブルー)、スーパーハードローハイトタイヤ&強化ディッシュホイール (デュアルリッジJr.)、ジプニー ボディパーツセット (クリヤーオレンジ)がミニ四駆ステーションで特別限定販売。
4月 ・ジャパンカップ2021静岡大会2、ジャパンカップ2021東京大会、ジャパンカップ静岡大会EX、ジャパンカップ2020-2021チャンピオン決定戦が開催。
・ビギナーズミニ四駆シリーズのドッグレーサー(ブルー/ライキリ)、ピッグレーサー(ピンク/ライキリ)、パンダレーサー(グリーン/ライキリ)が発売。ITEMナンバーはこれらの方が若いが、発売は第4弾のピッグレーサー (イエロー/ジルボルフ)が早かった。
・HG スーパーX・XX大径ナローアルミホイール(2本)、ローフリクション小径ナロータイヤ(24mm)&3本スポークホイールが限定販売。
5月 第60回静岡ホビーショーがツインメッセ静岡で開催。一般公開日が用意されたのは3年ぶり。ロードナイト、ジャパンカップ2022開催記念パーツなどが展示。
・スーパーハード小径ナロータイヤ (24mm) &カーボン強化3本スポークホイールが限定販売。
・MINI 4 KING 2巻が発売。

このエントリーをはてなブックマークに追加